2020年01月04日

南華山−1

tm-419.jpg tm-420.jpg tm-421.jpg
【写真説明】【俯瞰図】でも述べたが、弊別ブログ「台湾古道」で南華山に関しては書き尽くした感がある。南華山の第一回記事に掲載した左・中央写真は、古道ブログ「能高越嶺古道−5」からの再録と云う端の折りようである。南華山頂上ではかなりの枚数撮影したが、古道ブログに最も見栄えのする写真を先に選んでしまったと云うことだ。同写真とは言いながら、写真サイズが異なるので細部が看易いと思う。左写真は南華山頂上付近から北側の眺望、左から、奇莱主山南峰、奇莱裡山(3,333m)、奇莱主山、中央写真は同地点から南側眺望、左から能高山南峰(百岳43号、3,349m)、能高山。右写真は南華山、陸測三等三角点。三枚とも、2004年11月撮影。
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(0) | 南華山(能高山北峰:第75座、3,184m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

南華山−2

tm-422.jpg tm-423.jpg tm-424.jpg
【写真説明】左写真は「能高越嶺古道−6」で掲載の一枚の再録、台湾古道ブログの方で説明した記憶があるので多くは書かないが、中央山脈を横断する「電力の万里の長城」と呼ばれる高圧電線架を南華山頂上を背にして望んだもの。2004年11月撮影。東側花蓮県と西側南投県を跨ぐこの送電線、通常、台電(台湾電力)東西輸電線と呼ばれるが、完成が1953年、天池山荘、南華山、能高山方面への三叉路近く、標高2,800b地点に蒋介石の筆になる記念碑が立つ。中央写真は、その三叉路から南華山頂上を望んだもの。2019年10月撮影。東側の碑面に「光被八表」、西側碑面に「利溥民生」と書かれているが、台湾人ハイカーにも俄かにはその意味が判らないらしく、ネット上には多くの解釈が披歴されている。「光」は恐らく日の出も暗喩し中央山脈東側発電所で集められた電力の恩恵は八方に及び、中央山脈西側、つまり西海岸側の生活を利する、と謂う意味であろう。中央写真はその記念碑、2004年11月撮影。
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(0) | 南華山(能高山北峰:第75座、3,184m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする