2006年08月22日

北大武山−1

tm-1r.JPG tm-5.JPG
【写真説明】左写真は高雄空港を離陸し水平飛行に移った後デジカメで撮影。今は国内線、国際線共にデジカメの機内での撮影は禁止されている。どうしても撮影したかったらフライト・アテンダントの目を盗むしかない。北大武山は高雄市の丁度東に位置する。従って、この写真は朝方撮影されたもの。写真下段、明るく光るのは高雄県と屏東県の境を流れる高屏渓。中央が北大武山、その右が南大武山(2,841メートル)、左が霧頭山(2,736メートル)である。右写真は、高雄市内の文化中心の建物越しに浮かぶ右から北大武山、霧頭山、井歩山(2,066メートル)である。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

北大武山−2

tm-2r.JPG tm-6.JPG
【写真説明】左写真はパイワン族の村、屏東県泰武村(日本時代:タワルス社)からの大武山の壮観。右の山塊が南大武山、左側が北大武山である。南大武山の方が高く見えるが、実際の標高は2,841メートル、百岳には数えられていない。又、北大武山も岩が迫り出した一番高く見える部分が頂上ではない。頂上は更に写真左奥の稜線上に位置する。右写真は、高雄県美濃鎮の水田越しに望む中央山脈南端。同写真右奥稜線は右から、南大武山、北大武山、霧頭山、左側稜線上の尖峰は大母母山(2,424メートル)である。美濃からの大武山は、高雄辺りから見る女性的な山容とはがらりと変わり、五嶽の一つに数えられる荒々しい山容が露わになる。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

北大武山−3

tm-8.JPG tm-3.JPG
【写真説明】左写真は北武山登山口に到る道路脇で見掛けた紅葉。12月の撮影。但し、植樹したものである。台湾南部でも紅葉は見られるが、日本のように全山が紅葉で染まるというような贅沢は望めない。右写真は北大武山登山口、2002年7月の撮影であるが現在も同じ看板が立っている。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

北大武山−4

tm-9.JPG tm-10.JPG tm-11.JPG
【写真説明】左写真は檜谷山荘に到る途中にある石楠花(シャクナゲ)の回廊と見紛うような見事な群生。縦横に這い回る根もシャクナゲのものである。残念ながら台湾南部の6月下旬の撮影なので花は散ってしまった。中央写真は山荘脇の沢。山荘を登山口側に少し戻った場所には格好の展望所がある。山荘の泊まり客は日没前にはこの地に集う。天気が良ければ高屏(高雄―屏東)平野越しに高雄の街まで望める。左手には北大武山と南大武山の間の大断崖が望める。右写真は同地点から撮影した南大武山に這い上がる雲。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

北大武山−5

tm-13.JPG tm-14.JPG tm-12.JPG
【写真説明】左写真は頂上稜線上の台湾鉄杉の立ち枯れ。その白と緑のコントラストは全く見事。中央写真は北大武山頂上山塊を稜線南側から望む。右写真は三角点越しに台東市方面を望む。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

北大武山−6

tm-451.jpg tm-452.jpg tm-453.jpg
【写真説明】左写真は2009年モーラコット台風(「八八水災」)後に出来た駐車場、即北大武山新登山口である。登山口は同写真左側、駐車場上部にある。同写真後方に写る稜線最低部が旧来の登山口であり、その後の稜線に登山道が開鑿されている。中央写真はその正真正銘の新登山口。右写真は嘗て本来の登山口まで延びていた産業道路の崩壊した様子。尚、本カテゴリーの再開を飾るべく、以下の本文冒頭に、昨年末iPhone 6で筆者のアパートから撮影したパノラマ写真を埋め込んでおいたので閲覧願いたい。同写真左奥端、井歩山(阿猴富士、2,066b)から始まり、霧頭山、北大武山、南大武山を経て、右端、恒春半島最高峰の里龍山(1,058b)までが写り込んでいる。傑作と言うより、偶々の絶妙のタイミングでベランダに出たからに過ぎない。
[本文へ...]
posted by 玉山 at 07:48| 台北 ☀| Comment(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする