2006年08月22日

北大武山−1

tm-1r.JPG tm-5.JPG
【写真説明】左写真は高雄空港を離陸し水平飛行に移った後デジカメで撮影。今は国内線、国際線共にデジカメの機内での撮影は禁止されている。どうしても撮影したかったらフライト・アテンダントの目を盗むしかない。北大武山は高雄市の丁度東に位置する。従って、この写真は朝方撮影されたもの。写真下段、明るく光るのは高雄県と屏東県の境を流れる高屏渓。中央が北大武山、その右が南大武山(2,841メートル)、左が霧頭山(2,736メートル)である。右写真は、高雄市内の文化中心の建物越しに浮かぶ右から北大武山、霧頭山、井歩山(2,066メートル)である。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

北大武山−2

tm-2r.JPG tm-6.JPG
【写真説明】左写真はパイワン族の村、屏東県泰武村(日本時代:タワルス社)からの大武山の壮観。右の山塊が南大武山、左側が北大武山である。南大武山の方が高く見えるが、実際の標高は2,841メートル、百岳には数えられていない。又、北大武山も岩が迫り出した一番高く見える部分が頂上ではない。頂上は更に写真左奥の稜線上に位置する。右写真は、高雄県美濃鎮の水田越しに望む中央山脈南端。同写真右奥稜線は右から、南大武山、北大武山、霧頭山、左側稜線上の尖峰は大母母山(2,424メートル)である。美濃からの大武山は、高雄辺りから見る女性的な山容とはがらりと変わり、五嶽の一つに数えられる荒々しい山容が露わになる。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

北大武山−3

tm-8.JPG tm-3.JPG
【写真説明】左写真は北武山登山口に到る道路脇で見掛けた紅葉。12月の撮影。但し、植樹したものである。台湾南部でも紅葉は見られるが、日本のように全山が紅葉で染まるというような贅沢は望めない。右写真は北大武山登山口、2002年7月の撮影であるが現在も同じ看板が立っている。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

北大武山−4

tm-9.JPG tm-10.JPG tm-11.JPG
【写真説明】左写真は檜谷山荘に到る途中にある石楠花(シャクナゲ)の回廊と見紛うような見事な群生。縦横に這い回る根もシャクナゲのものである。残念ながら台湾南部の6月下旬の撮影なので花は散ってしまった。中央写真は山荘脇の沢。山荘を登山口側に少し戻った場所には格好の展望所がある。山荘の泊まり客は日没前にはこの地に集う。天気が良ければ高屏(高雄―屏東)平野越しに高雄の街まで望める。左手には北大武山と南大武山の間の大断崖が望める。右写真は同地点から撮影した南大武山に這い上がる雲。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

北大武山−5

tm-13.JPG tm-14.JPG tm-12.JPG
【写真説明】左写真は頂上稜線上の台湾鉄杉の立ち枯れ。その白と緑のコントラストは全く見事。中央写真は北大武山頂上山塊を稜線南側から望む。右写真は三角点越しに台東市方面を望む。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北大武山(第91座:3,092m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする