2006年08月21日

「台湾百岳」について

tm-0r.JPG tm-7.JPG
【写真説明】左写真は郡大山(百岳54号:3,250メートル)の稜線上の樹氷。2005年元日の朝、撮影したものである。寒気団が入り込むと3,000メートルを越す山岳ではこの程度の樹氷は台湾でも普通に見られる。百岳中の第54座であるが日本でこの山より高いのは富士山のみである。郡大山は玉山の東側に位置し、陳有蘭渓、即ち八通関古道を間に挟み玉山に向き合う。登山口から頂上までの往復のみを考慮すれば日帰り可能な百岳の一座であるが、登山口に到る林道は厳しい管制が敷かれ入山証無しでは入れない。しかも登山口手前の数キロの林道の崩壊は激しい。 右写真は南湖杜鵑(南湖シャクナゲ)を前景にした南湖大山(百岳8号:3,742メートル、手前)と中央尖山(百岳11号:3,705メートル、奥)。2004年5月の撮影。南湖大山一帯は鹿野忠雄が推察した見事な圏谷(カール地形)が広がり、さながら台湾の桃源郷である。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

「台湾百岳」について−2:標高と序列

tm-15.JPG tm-16.JPG
【写真説明】左写真は台湾第二の高峰、雪山(標高3,886メートル)三角点。日本時代は新高山(玉山)に次ぐ高峰ということで次高山と呼ばれていた。ところが、台湾百岳制定当時は第五番目に格下げされた。今はその後の測量で再び二番目に戻っている。日本時代に設置されたこの三角点は無残にも折れている。右写真は中央山脈の最高峰(百岳6号)の秀姑巒山(標高3,825メートル)の三角点。三角点の礎石部分が完全に露出している。まだ全部百岳を登ったわけではないので確認出来ないが、百岳頂上にある三角点は例外なく日本時代に設置されたもののはずである。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

「台湾百岳」について−3:点の記

tm-22.JPG tm-23.JPG
【写真説明】左写真は私が初めて台湾最高峰玉山(旧新高山)に登った時に撮影したもの。実はこれは珍しい写真である。というのは、台湾最高峰を極め狂喜している登山客が写っていないからである。もし玉山に週末、祝日を利用して登頂する場合、頂上は人だかり、皆この頂上の石碑と共に記念撮影に余念がなく辛抱強く順番を待たなければならない。登頂の前の晩に拝雲山荘に泊まり込んだ登山客は翌朝三時過ぎには起きて準備を始める。当時私も週末利用組だったが、その前の晩、他のパーティーのテントに潜り込み盛んに高粱(こうりゃん)酒を飲み、そんな早い時間にはとても起きれず、加えて朝起きたら寝袋の中がぐっしょり湿っている。高所低気圧でアルコール度の極めて高い酒(通常は58度、最近はアルコール度数を抑えたのも市販されている)を飲み過ぎた為寝小便をやらかしたのだ。そんなわけで二日酔いで朦朧とする頭を抱えやっと頂上に辿り着いた時は、他の登山者は下山した後だった。石碑右肩に写る尖峰は関山(百岳12号:3,668メートル)。右写真は玉山一等三角点標石。大正6年10月13日(1917年)に陸地測量部(現在の国土地理院の前身)江口萬蔵に依り埋設、「一等三角點」の刻字は写真左側面にある。因みに、台湾百岳の中で一等三角点を擁するのは11座である。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾百岳 台湾
posted by 玉山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

「台湾百岳」について−4:三角点

tm-24.JPG tm-25.JPG
【写真説明】左写真は、台湾山岳を代表する「五嶽三尖一奇」のうち「一奇」として登山愛好家の尊崇を集める奇來主山北峰(百岳16号:標高3,607メートル)の一等三角点。地表に出た標石部分が折れてしまい小石を下に入れて曲がりなりに起立させてあった。後方の緑のなだらかなスロープは合歓山連峰、左から東峰(百岳33号)、主峰(同34号)、石門山(同70号)、西峰(同81号)、北峰(同32号)が横並びに見えている。更にその後方の稜線は雪山山脈。尚、何故わざわざ「一奇」と呼ばれるのか、その一端は筆者の別ブログ「台湾古道」の「能高越嶺古道−10」で少しばかり紹介しておいたので参照して欲しい。右写真は、卑南主山(百岳50号:標高3,295メートル)の一等三角点、地表に出た標石がかろうじて残っていた。写真に写る標高は旧版、年月日は中華民国年号。私がこれまで本当に苦労して登ったと思う百岳はこの卑南主山と畢禄山(百岳36号:標高3,371メートル)の二座で追々その話はする機会があると思う。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾百岳 台湾
posted by 玉山 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

「台湾百岳」について−5:新田次郎「劔岳 点の記」

tm-32.JPG
【写真説明】私の友人が測量に携わる者のバイブルとして紹介してくれた新田次郎の「劔岳 点の記」を読み終えた。山登りに興味が無ければなかなか楽しめない小説だと思う。これは仕方がない。加えて雪山の経験があれば尚更臨場感があろうというものである。雪渓の話がよく出てくる。劔岳より遥かに高い山々が連なる台湾では、緯度上は半分が熱帯なので雪渓は形成されない。雪崩が起きることも無い。それでも厳冬期の日本の山を彷彿とさせる様が現出する。写真は、雪山主峰(日本時代の次高山、標高3,886メートル、百岳第2座)東壁、雪山東峰(同3,201メートル、百岳第72座)から望んだもの。1月の撮影。主峰山頂は写真左奥稜線の最高点。台湾人でも台湾百岳のどの一座かに登ったことがあれば、「劔岳 点の記」は十分楽しめると思う。映画の方はもう試写会が始まっているそうだ。台湾の山岳愛好家の間でも話題になりそうだ。願わくは、それら台湾の愛好家が目にする三角点は、同書で描かれているのと正に同じ苦労をしながら、陸地測量部柴崎芳太郎の先輩、同輩、後輩達によって埋定されたことに思いを寄せて欲しい。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 21:03| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

「台湾百岳」について−6:「台湾小百岳」

tm-59.JPG tm-60.JPG tm-61.JPG
【写真説明】嘗ては左二枚写真(2000年11月撮影)のような光景が高雄市の寿山(柴山)全体で見られた。その後、猿の間に伝染病が入り込んだことがあり、それを切っ掛けに、野生保護の名目下、猿に食べ物を供することは厳禁、罰金刑が導入された。成長した猿の面構えは実にいい。最近では人間の方にこういう面構えの人が少なくなってきたと思う。2009年3月撮影。
[本文へ...]
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 13:49| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

「台湾百岳」について−7:「単攻」

tm-110.jpg
【写真説明】「五嶽一奇」の奇莱山塊の豪快な山容、奇莱南峰(3,358m、第40座)頂上から望む。中央部が主山(3,560m、第20座)、その左の尖峰が北峰(3,607m、第16座)、さらにその左の一段低い頂が屏風山(3,240m、第62座)である。いずれの峰も「単攻」の対象である。
[本文へ...]
ラベル:台湾百岳 台湾
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

「台湾百岳」について−8:『台灣山岳』

tm-162.jpg
【写真説明:写真はクリックして拡大】タイヤル族の聖山、大覇尖山(28号、3,492メートル)とその稜線を池有山(48号、3,303メートル)山頂下から望む。大覇尖山は今現在は山頂への登山は危険な為禁じられているはず。1927年(昭和2年)、台湾山岳会会長、沼井鐵太郎一行が「人類」として初登、「人類」とはタイヤル族は聖山を汚していないという意味だと思う。以前にも書いたと思うが、沼井はこのブログの副題でもある「聖稜線」の名付け親。
[本文へ...]
ラベル:台湾 台湾百岳
posted by 玉山 at 18:58| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

「台湾百岳」について−9:「富士山」

tm-193.jpg
【写真説明】「台湾富士」=新高山=玉山を郡大山(百岳60号、3,263m)から望む。2005年1月撮影。本来、新高山とは玉山主峰のことである。「台湾富士」と呼ぶ時も新高山のみを指していたのかもしれないが、玉山は見る角度に依り極端に山容が変わるので、日本の富士山のようには行かない。今回掲載した写真では、左から、東峰、主峰、北峰、西峰が覗いている。主峰の半分ぐらいは北峰の峰と稜線に遮られているのだが、却って、その北峰、主峰の重なりが富士山様の山容を呈している。
[本文へ...]
posted by 玉山 at 17:21| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

「台湾百岳」について−10:「元標」

Kodou-1980.jpg Kodou-1981.jpg Kodou-1982.jpg
【写真説明】本投稿は弊ブログ「台湾古道」の2018年10月06日付け「八通関古道竹山段−13」で投稿したものの再録である。本来、当該ブログの投稿記事として相応しいものと考えたからだ。左写真は竹山市街地内の南投県政府警察署竹山分局と竹山郵便局が隣接する前山路(同写真正面)と集山路(同写真左側)の公差点に立つ時計台。その袂に、日本時代の地形図製作の為の測量原点「元標」(中央写真)が保存され、二段抜きの案内板(右写真)が立つ。同写真上に「100余年前(明治33年)の日本人は、どの様にして三角点を利用し山頂の海抜を算出したのか?」と読める。「元標」には「標高五百十四尺」と刻まれている。以上、2016年7月撮影。
[本文へ...]
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

「台湾百岳」について−11:「富士山」-2

tm-350+.jpg tm-349+.jpg tm-351+.jpg
【写真説明】(写真説明は後段)閑話休題がもう少し続く。今月日本から七十を越えられた先輩が来台されたので、清境農場に御連れした。恐らく台湾で一番人気のある観光地である。「台湾のスイス」と呼ばれることは、弊別ブログ「台湾古道」で書いたことがある。標高が約二千メートルの高地にあるので、運が良ければ冠雪に巡り合える。台湾中南部から合歓山連峰を目指すなら、必ず経由することになる。筆者に取っては、清境農場は通過地点でしかなく、ここを通過する際如何に車両の異常な渋滞を躱すかに専心する。この農場の人気の高さは放し飼いの綿羊であり、それ故、家族連れが圧倒多数であり、その中に、六十を越えた筆者と七十を越えた先輩二人が紛れ込んだわけだ。
[本文へ...]
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする