2021年03月13日

閂山−1

tm-523.jpg tm-524.jpg tm-525.jpg
【写真説明】左写真は730林道の実質的な起点である清泉橋。同写真左下に「九人坐」の文字と携帯電話番号があるが、登山客目当ての広告である。台湾では「接駁車」と呼んでいるが、要は白タクである。この林道は悪路であることが示唆されているのだが、実際酷いものだった。この橋より1`程入り込むと、既に廃棄された環山検査哨(林務局検問所)があり、一泊目の露営地とした。中央写真は検査哨全景、正式な林道起点。右写真は検査哨内部。

閂山へのアクセス口である730林道は台7甲線(旧省道7号甲線)(中部横貫公路宜蘭支線)沿いの環山部落南側に起点がありそこから東、中央山脈方面に延びている。同部落は台中市和平区平等里に属する。同区は台中市最大面積の区であるが同時に人口最小の区でもある。タイヤル族居住地でもある。平等里は北から思源、武陵、環山を主要地域として構成される。思源の宜蘭県側は思源(ピアナン)埡口と呼ばれる中央山脈と雪山山脈の鞍部である。南湖大山、中央尖山に代表される中央山脈北一段への登山口として著名だ。武陵は国軍退除役官兵輔導委員会の公有事業である三大高山農場の一つ、武陵農場で名高い。同農場は同時に雪山山脈の核心部、「聖稜線」への登山口でもある。環山部落は、文字通り四面を山岳に囲まれているから付けられた地名である。タイヤル語のローマ字表記はSqoyaw。旧名は志佳陽(シカヨウ)社。同部落をベースにして雪山山脈の百岳一座、志佳陽大山への登山は日帰り可能だ。実は、閂山登攀を試みる以前に志佳陽山に登攀する機会があった。単攻には成功したが真っ暗闇の中の帰還となり、しかも翌日は屏風山への登攀が控えていたので、環山部落内を散策する機会無し。これは閂山登攀時も同じ、下山後に足を伸ばす時間無し。詰り、環山部落がどの様な成りをしていたかについては極めて印象に乏しい。残念である。(続く)


posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | 閂山(第80座、3,168m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

閂山−2

tm-526.jpg tm-527.jpg tm-528.jpg
写真説明】既に紹介したように730林道の全長は28`、手元の地図帳に依ると自動車が入り込めるのは11.7`地点まで、その先凡そ12`地点に木製の柵(同地図帳に「柵欄」の標記有り)が完全に徒歩のみの進入を命じている。閂山への登山口が23.2`地点なので、僅かに10`強歩けば言い訳だ。前日から雨が降っていたので、11.7`地点に至るまでの後半部分は四駆でもタイヤがスリップし悪戦苦闘した。当時の山行の中でも印象的な一段となった。右写真は駐車地点であり、撮影した写真の時間データを見ると、11.7`地点まで車で到達した模様だ。(続く)
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(0) | 閂山(第80座、3,168m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする