2019年01月05日

郡大山−8

tm-353.jpg tm-354.jpg tm-355.jpg
【写真説明】2019年新年の挨拶は、筆者別ブログ『台湾古道』のそれで替えたいので参考にして頂きたい。要はよぼよぼ歩きに転じては、台湾百岳登攀は諦めざるを得ないと云うことである。「郡大山−1」掲載中央写真で紹介した林務局望郷工作站(正式には「林務局、南投林区管理処、水里工作站、望郷分站」)内の巨木袂に小さく写る日本式祠は何者か?前回何故この1枚しか撮影していないのか?思い出せないのだが、今回全容が判るように撮影してきた。この祠の歴史情報は、台湾サイト内でも乏しい。情報ソースは不明だが、建立年は1923年(大正12年)、「望郷祠」、或いは「望郷遥拝所」が呼称か?「望郷」の意味は日本語そのもので、日本時代から使われていたことは既に本ブログで書いた。台湾サイト内に「台湾株式会社桜井組」が1933年(昭和8年)、望郷山紅檜(ベニヒ)伐採事業開始との下りあり。時間が合わぬが、信頼の置けるソースを探し当てたら新ためて紹介することにする。左写真に写る巨木(樹齢1,200年)は従ってベニヒである。(続く)
[本文へ...]
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | 郡大山(第52座:3,292m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

郡大山−9

tm-361.jpg tm-360.jpg tm-352+.jpg
【写真説明】郡大山登山口までは32`強、初回は自身で運転し入山したのだが、今回村長候補に運転して貰いながら、当時は無謀な事をしたものだと我ながら感心すること頻り。「郡大別館」として重宝されていた工寮は十余年前はまだ小屋として機能していたが、今は身包み剥がされた無残な呈を晒していた(左写真)。登山口(中央写真)は玉山箭竹を潜り抜けるようなイメージを持っていたが、全く異なっていた。第一のマイルストーンである望郷山三角点迄は近かった。登山口を過ぎ林道を暫く辿った松林で、帝雉の番(つがい)に出会った(右写真)。イギリスの鳥類学者、ウォルター・グッドフェローに依り、1906年(明治39年)に発見、学名が、Syrmaticus mikado(Symaticusはヤマドリ属)、日本(英語も)では従って「ミカドキジ」、台湾高山固有種、現千ドル札の図柄にもなっている。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストではNT (Near Thretoned)扱いなので、良く見掛けるが、番で見たのは記憶に無い。筆者が真面な撮影が出来たのは初めて、動きは緩慢だから。ミカドキジは美しい―キジの帝王に相応しいので、この古い日本語が学名に入ったのだと筆者は合点したのだが。。。待てよ?ウィリアム・ギルバート脚本、アーサー・サリヴァン作曲によるオペレッタ『ミカド』がロンドンで初演されたのは1885年(明治18年)、その後イギリスで爆発的な日本趣味、所謂「ジャポニズム」が勃興、ミカドは日本の代名詞となる。つまり、ミカドキジのミカドは当時日本の統治下にあった台湾への逆輸入ではないだろうか?
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(1) | 郡大山(第52座:3,292m) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする