2008年10月18日

「台湾百岳」について−4:三角点

tm-24.JPG tm-25.JPG
【写真説明】左写真は、台湾山岳を代表する「五嶽三尖一奇」のうち「一奇」として登山愛好家の尊崇を集める奇來主山北峰(百岳16号:標高3,607メートル)の一等三角点。地表に出た標石部分が折れてしまい小石を下に入れて曲がりなりに起立させてあった。後方の緑のなだらかなスロープは合歓山連峰、左から東峰(百岳33号)、主峰(同34号)、石門山(同70号)、西峰(同81号)、北峰(同32号)が横並びに見えている。更にその後方の稜線は雪山山脈。尚、何故わざわざ「一奇」と呼ばれるのか、その一端は筆者の別ブログ「台湾古道」の「能高越嶺古道−10」で少しばかり紹介しておいたので参照して欲しい。右写真は、卑南主山(百岳50号:標高3,295メートル)の一等三角点、地表に出た標石がかろうじて残っていた。写真に写る標高は旧版、年月日は中華民国年号。私がこれまで本当に苦労して登ったと思う百岳はこの卑南主山と畢禄山(百岳36号:標高3,371メートル)の二座で追々その話はする機会があると思う。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
ラベル:台湾百岳 台湾
posted by 玉山 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする